男性の結婚指輪にまつわる体験談

これは、30代後半のごくごく普通の会社員(ちなみに年収もごくごく普通です)である私が、結婚指輪を購入するまでのエピソードを綴ったものです。

1.婚約指輪は必要か

まず、結婚指輪を買う前に婚約指輪を渡してからの結婚指輪なのか?
それとも結婚指輪だけにするのか?
どちらにするのかを決める必要がありました。
それによって結婚指輪の比重が変わってくるからです。
どちらがベストなのかは、サプライズでプロポーズをする場合以外は
二人で話し合って決めるのがいいと思い、自分の場合は
結婚することをもう2人で話して決めていたのでサプライズはなかったことから、
彼女に「婚約指輪は欲しい?それとも結婚指輪一本でいく?」と素直に聞いて
みました。
彼女の答えは「婚約指輪はいらないからその分新居の費用にあてたい。
指輪は結婚指輪一つでじゅうぶん」。その言葉で婚約指輪はなしになり、
結婚指輪1本でいくことになりました。

2.結婚指輪の候補さがし

結婚指輪を決めるにあたって、結婚式もしないと決めていたので、いつまでに作らないと間に合わない、というような制約はありませんでした。
唯一の制約があるとしたら、それは金額の上限があることでした。
2人とも、あまり豪華すぎでお互いのお財布を圧迫するものより、堅実にいこうというのが共通意識でした。
どこから探してよいかわからなかったので、ありきたりなパターンかもしれないと思いつつゼクシイを購入して、その中にある別冊の結婚指輪のカタログを読み始めるところからはじまりました。
彼女がカタログを読み始めて、気になるものにふせんをペタペタ貼り始めたので、
自分も負けずにいいなと思うものにふせんを貼っていきました。
貼ってははがし、最終的に付けた付箋は全部で8つ。幸い、その全部の店舗が見に行ける距離にあったので折角なので全部見に行きました。それで、いちばんしっくりするものを決めようということになりました。

3.実際に見て確かめる

事前に予約をしてから行くと購入時に割引がきくお店や、オリジナルの特典がもらえるお店などありましたが、お互い仕事の合間に新居や手続きの準備もあって多忙を極めていたので、あえて予約はせずに行けるときに当日決めていくようにしました。
雑誌でチェックした指輪は、実際手に取って見てみると想像していたものと全く違うものがあったり、逆にあまり期待しないで行ってみたけど(チェック上ではランクが下の方だった)見てみたら気に入ったものもあり、実物を見てみないとわからないものだよね、と彼女と話しました。
お店の雰囲気もしかり、でした。大本命の店は他にはないオリジナル商品を売りにしていてとっても憧れたのですが、実際店舗を訪れてみると敷居が高いオーラが満載で、中に入ってショーケースから出してもらうのもなかなかできないような雰囲気でとても残念でした。

4.指輪決定。既存デザインにオリジナルを加える

8つの店舗を見て回り、値段とデザイン、実際に指にはめてみた時のしっくり感から2人の意見が一致した指輪に決まりました。
決め手になったのはもう一つ、既存のものに2人それぞれ指輪の内側に希望のマークや文字、色、石を入れることができたことがあります。
そのバリエーションも豊富で迷ってしまうほどでした。
自分は昔から好きなマークがあり、それを刻印できたのとお互いにとって大事だと思う日を入れるという希望にも快く応じてくれて、指輪の素材も自分はゴールド、彼女はピンクゴールドと別々にでき、見た目のデザインは同じだけどひたすらお互いの好みを追求した世界にたったひとつしかない結婚指輪が出来上がりました。

5.購入後

結婚指輪を購入後2年たちますが、まだ一度もメンテナンスには出していません。
メンテナンスを出すこと以外にも自分でも手入れをマメにして、キレイな状態で使い続けたいと思っています。デザインによっても皮脂や汚れがたまりやすいものもあると思います。自分の場合は繊細なデザインを選んだので汚れやすいため、気が付いたときにクリーナーで汚れを落とすようにしています。
今でもこの結婚指輪にしてよかったと思うし、指輪を見ると結婚を決めたときの気持ちや当時の思い出がよみがえってくるので、結婚指輪は、自分の分身のような存在です。

6.おわりに

指輪を探し始めてから指にはめるまで大体3か月くらいだったでしょうか。
時間がかかったのかもしれませんが、一生指にはめる大切な指輪は、妥協はしたくなかったので、納得いくまで時間をかけて良かったと思っています。
自分のこの体験のように、実際にはめてみると全然印象が違う、ということは大いにあることだと思います。
指の太さや肌の色あいなど、みんなそれぞれ違うわけで、自分たちにピッタリの結婚指輪は自分たちにしかわからないと思うので、多少時間がかかっても納得できるものを作るのがいいと思います。
世界に一つしかない結婚指輪は他のどんな宝石にも変え難いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です