男性の結婚指輪にまつわる体験談 その3

これは、当時20代後半であった男性の私が、結婚指輪を購入するまでのエピソードを綴ったものです。

1.婚約指輪の費用を新婚旅行に

お互い社会人で同棲生活をすでに3年ほどしていたため、指輪にしてもその他の結婚費用にしてもお財布はすでに同じでした。そのため、どこに重きをおくかという話し合いを彼女と重ねた結果、婚約指輪はなしにして、それで新婚旅行に行こうということになりました。そのかわり結婚指輪は彼女の分は少し色を付ける〈豪華にする〉ということで決まりました。彼女は石に対して一つのこだわりがあったのでそれを尊重してあげたかったのです。

2.結婚指輪の選定

結婚指輪を決めるにあたって、結婚式場をすでに抑えていたので、その期日までに結婚指輪を作る必要がありました。しかしながら、3か月ほどあったので時間的にはそんなに焦ったりはしていませんでした。

時間が許す範囲で指輪を手当たり次第見て回りました。世界的に有名なブランドから、聞いたことがないようなマイナーなお店までえり好みせずにとにかく見て回りました。今思い出してもあのときの勢いはすごかったと思います。
お互い指輪に対しての知識がなかったので、ひたすら見て決めるしかないと思っていたんだと思いますが、あまりにも見すぎてどれが良いんだかわからなくなってきたときにはカフェでお茶をして意見をまとめるようにして一呼吸置くようにしていました。
結果的には指輪〈石〉が私たちを引き寄せたような素敵な縁が待っていました。

3.一目ぼれ

たまたま通りかかったシルバーリング専門店で、年配のいかにも目利きができそうな男性の店員に、他のお店でブルーダイヤを内側に埋め込めると聞いてブルーダイヤを見せてもらったが、どうしてもピンとくるものがなかったという話を彼女がしたところ、言葉少なに2階の部屋に通され、奥から大事そうにケースに入った加工前の石を出してくれました。
話によれば、その日に届いたばかりのものとのことでした。
ブルーダイヤは彼女の指輪にだけ内側に埋め込むと決めていたので、私はほぼ静観するだけになっていましたが、店員さんが出してくれたブルーダイヤを彼女は
食い入るように見つめていました。
以前からパワーストーンを趣味で集めている彼女だったのですが、
仲良くなったショップの人から「石は生きているから、触ってみて自分にいちばんしっくりくるものを選ぶといい。しっくりくるものはなぜか触れると温かみが出る。その石が自分と相性がぴったりのものだよ」ということを言われたそうで、
その選び方をしたいという要望をお店側に伝えたところ快諾してくれ、彼女はそこに出された石を一つづつ手に取り、一つの石に決めたのでした。
後で聞いた話によれば、決めた一つだけが明らかに温かみが違ったそうです。
気のせい、と言われればそれまでなのかもしれないし、根拠もなにもないのですが
要は使う本人が納得できればいいんだと私は感じました。

そうして、石先にありきで、デザインを選ぶことになったのです。
シルバー専門店ということでシルバーの素材的にも間違いはないと思いました。
あとは、形、デザインです。
シンプルな物で飽きがこないものがいいよね、と他を見て回りながら話したので、いくつかある中で自分の指にしっくりくるものがいくつかはめてみるうちに、ほどなくして決まりました。

4.最終確認

内側に掘る結婚記念日の日付やお互いの名前の最終確認をしたのち、
納期の目安、金額の説明がありました。
納期は1か月後でした。
印象に残ったフレーズは金額でも納期でもなく「保証は一生涯ですので」という店員さんの一言でした。一生涯という言葉に、重みを感じながらも結婚への覚悟みたいなものが本当の意味で持てたのはこの時かもしれません。今でも店員さんに感謝しています。

5.指輪の受取り

待ちに待った1か月がやっと来ました。
仕事の都合で私が受取りに行くことになり、閉店間際に駆け込みセーフで間に合いました。すると購入の時にブルーダイヤを見せてくれた店員さんが
早上がりだったのにもかかわらず直接渡したかったのでということで自分を待っていてくれました。
「中身の確認をお願いします」、と言われて箱から出して中身を確認、自分の分と彼女の分をくまなく見て「大丈夫です」と返事をしながら、
本当に結婚するんだなあという実感がひしひしと湧いてきて、
指輪を受取りに来たのが自分だけで良かったと思いました。
恥ずかしながら感動して泣いてしまいそうだったからです。
男性の自分でもこれだけ感慨深い気持ちになるんだから、女性はもっとだろうなと思いました。
大切な一生の伴侶に選んだ相手だからこそ、納得のいく指輪を選ぶことがお互いに対する誠意なんだと思います。

こうして私たちは無事結婚式で結婚指輪を取り交わしました。
愛は目に見えませんが、2人の愛の証がこの指輪なのかなと私なりの解釈ではそう考えています。

男性の結婚指輪にまつわる体験談 その2

ついに交際している恋人と一緒になろう、一生をかけて歩む覚悟を決めたとき必要な婚約指輪。しかもプロポーズのOKを左右する大事なアイテム。よく下調べして、じっくりと考えてから購入すれば、プロポーズ成功も間違いなし…かも?そこで、じっくりと考えるためのポイントを3点、結婚1年目で新婚の筆者が考えてみました。

1.男性が婚約指輪を買うとき…

①婚約指輪の値段

婚約指輪の値段は「給料の3ヶ月分」というような有名な言葉がありますが、現在では都市伝説となっていると言っていいでしょう。逆に言えば、3ヶ月分でなくても一番安くて給料1月分の額以内でおさめることができるようになっていることが多いのです。なかには通販やオンラインショッピングで婚約指輪を買えるところもあるのです。また、指輪の構造はダイヤモンドを受ける土台と本体、ダイヤモンドとなっており、それぞれの価値で値段が決定するのです。特に、ダイヤモンドは質や仕入れの状況によって値段が変動しますので、時価といっても差し支えないかと思います。
ですが結婚指輪の値段だけが彼女への愛の証とは限らないので、やはりデザインで決めていくのが一番でしょう。「デザインが良くて、値段がお手頃のものが手に入ったら、ラッキー」程度に考えましょう。

②婚約指輪のデザイン−サプライズ派?それとも相談派?—

婚約指輪の値段について目星がついたら次はデザインを決めていきましょう。
女性の憧れとも言えるサプライズでのプロポーズ。しかし、これには相当なリスクが付きまといます。アイデアに酔ってしまって、彼女さんの想像とはかけ離れたものになってしまうかもしれないからです。そしてそれは言うまでもなくプロポーズの成功に大きく影響します。
なので、筆者はあらかじめプロポーズをする予定だとあえて奥さんの前で言い、どのようなものが欲しいかをカタログを見せながら相談しました。なんと奥さんは「この結婚指輪かなー」といきなり話し始め、結婚指輪とセットでつけることのできる婚約指輪にすることにしました。デザインも奥さんの意見を尊重し、和風を売りにしたブランドにすることにしました。
絶対に成功する自信があるのであればサプライズでも構いませんが、成功度を重視するのであればあらかじめ相談しておいたほうが良いかもしれませんね。

③どうやって買うか−購入の注意事項−

さて、ついに運命の指輪の注文です。
指輪のブランドを取り扱っているお近くのブライダルサロンか宝石店に行って注文するのがベターです。何よりも専門家と一緒にどのようなものにするかをすりあわせることができます。例えば香川県高松市以上の結婚指輪を取り扱うTOWAGEさんのようなブライダルサロンに行くと、ジュエリーコーディネーターという指輪の専門家と一緒にデザインやダイヤの質を相談することができます。指輪の色、ダイヤの質などを選び、注文書に記入するだけです。
私の場合は、注文書を記入したら少額で仮払いをすませ、受け取った際に残額を支払うことにしました。なので、いきなり大金を持ってこなくても大丈夫です。お金のことが心配ならば、これもブライダルサロンか宝石店で相談してみると良いでしょう。
注意点としては店頭で注文したら、すぐに購入できない場合があることです。ブランドによっては、完全オーダーメイドのものもありますので、お店でどんなものかを相談した上で2−3ヶ月ほど待って来店して取りに行くものもあります。

2.結婚指輪を買うとき

結婚指輪は既婚者であることを示すものであると同時に、夫婦としてのつながりを示すものでもあります。一生ものなので、こればかりは奥さんと話し合って進めましょう。先にもお話ししましたが、わたしの場合奥さんが結婚指輪とセットになる婚約指輪を希望したため、そのような婚約指輪になりました。なので、結婚指輪をどんなデザインにするかはすでに決まった状態で、宝石店さんとのお話もトントン拍子に進みました。
結婚指輪ですが、男性用と女性用に分かれていてそれぞれが送りあうのですから、それぞれが負担することを前提としたほうが良いでしょう。男性用と女性用の合計額が支払う額になるわけです。ダイヤモンドはない場合が多いので、実質カタログの額のそのままを支払うことになるでしょう。
結婚指輪の色は最もポピュラーなプラチナにはじまり、ゴールド、ピンクゴールドといったものがあります。コストはプラチナが最も高いですが、その代わり頑丈です。コストを重視されるならピンクゴールドでしょう。ですがその反面、皮脂や汗によって変色することがあります。ゴールドは海外では一般的なものなので、国際結婚の場合ゴールドをチョイスされる方が多いです。しかし、熱に弱いのがデメリットです。

3.おわりに

いかがでしたでしょうか。婚約指輪と結婚指輪について男性目線でお話ししてきましたが、婚約指輪や結婚指輪ひとつにもお金だけではないものがかかっています。夫婦の絆の証として、一生大切にできるものを彼女さんと一緒に検討していただければ幸いです。

男性の結婚指輪にまつわる体験談

これは、30代後半のごくごく普通の会社員(ちなみに年収もごくごく普通です)である私が、結婚指輪を購入するまでのエピソードを綴ったものです。

1.婚約指輪は必要か

まず、結婚指輪を買う前に婚約指輪を渡してからの結婚指輪なのか?
それとも結婚指輪だけにするのか?
どちらにするのかを決める必要がありました。
それによって結婚指輪の比重が変わってくるからです。
どちらがベストなのかは、サプライズでプロポーズをする場合以外は
二人で話し合って決めるのがいいと思い、自分の場合は
結婚することをもう2人で話して決めていたのでサプライズはなかったことから、
彼女に「婚約指輪は欲しい?それとも結婚指輪一本でいく?」と素直に聞いて
みました。
彼女の答えは「婚約指輪はいらないからその分新居の費用にあてたい。
指輪は結婚指輪一つでじゅうぶん」。その言葉で婚約指輪はなしになり、
結婚指輪1本でいくことになりました。

2.結婚指輪の候補さがし

結婚指輪を決めるにあたって、結婚式もしないと決めていたので、いつまでに作らないと間に合わない、というような制約はありませんでした。
唯一の制約があるとしたら、それは金額の上限があることでした。
2人とも、あまり豪華すぎでお互いのお財布を圧迫するものより、堅実にいこうというのが共通意識でした。
どこから探してよいかわからなかったので、ありきたりなパターンかもしれないと思いつつゼクシイを購入して、その中にある別冊の結婚指輪のカタログを読み始めるところからはじまりました。
彼女がカタログを読み始めて、気になるものにふせんをペタペタ貼り始めたので、
自分も負けずにいいなと思うものにふせんを貼っていきました。
貼ってははがし、最終的に付けた付箋は全部で8つ。幸い、その全部の店舗が見に行ける距離にあったので折角なので全部見に行きました。それで、いちばんしっくりするものを決めようということになりました。

3.実際に見て確かめる

事前に予約をしてから行くと購入時に割引がきくお店や、オリジナルの特典がもらえるお店などありましたが、お互い仕事の合間に新居や手続きの準備もあって多忙を極めていたので、あえて予約はせずに行けるときに当日決めていくようにしました。
雑誌でチェックした指輪は、実際手に取って見てみると想像していたものと全く違うものがあったり、逆にあまり期待しないで行ってみたけど(チェック上ではランクが下の方だった)見てみたら気に入ったものもあり、実物を見てみないとわからないものだよね、と彼女と話しました。
お店の雰囲気もしかり、でした。大本命の店は他にはないオリジナル商品を売りにしていてとっても憧れたのですが、実際店舗を訪れてみると敷居が高いオーラが満載で、中に入ってショーケースから出してもらうのもなかなかできないような雰囲気でとても残念でした。

4.指輪決定。既存デザインにオリジナルを加える

8つの店舗を見て回り、値段とデザイン、実際に指にはめてみた時のしっくり感から2人の意見が一致した指輪に決まりました。
決め手になったのはもう一つ、既存のものに2人それぞれ指輪の内側に希望のマークや文字、色、石を入れることができたことがあります。
そのバリエーションも豊富で迷ってしまうほどでした。
自分は昔から好きなマークがあり、それを刻印できたのとお互いにとって大事だと思う日を入れるという希望にも快く応じてくれて、指輪の素材も自分はゴールド、彼女はピンクゴールドと別々にでき、見た目のデザインは同じだけどひたすらお互いの好みを追求した世界にたったひとつしかない結婚指輪が出来上がりました。

5.購入後

結婚指輪を購入後2年たちますが、まだ一度もメンテナンスには出していません。
メンテナンスを出すこと以外にも自分でも手入れをマメにして、キレイな状態で使い続けたいと思っています。デザインによっても皮脂や汚れがたまりやすいものもあると思います。自分の場合は繊細なデザインを選んだので汚れやすいため、気が付いたときにクリーナーで汚れを落とすようにしています。
今でもこの結婚指輪にしてよかったと思うし、指輪を見ると結婚を決めたときの気持ちや当時の思い出がよみがえってくるので、結婚指輪は、自分の分身のような存在です。

6.おわりに

指輪を探し始めてから指にはめるまで大体3か月くらいだったでしょうか。
時間がかかったのかもしれませんが、一生指にはめる大切な指輪は、妥協はしたくなかったので、納得いくまで時間をかけて良かったと思っています。
自分のこの体験のように、実際にはめてみると全然印象が違う、ということは大いにあることだと思います。
指の太さや肌の色あいなど、みんなそれぞれ違うわけで、自分たちにピッタリの結婚指輪は自分たちにしかわからないと思うので、多少時間がかかっても納得できるものを作るのがいいと思います。
世界に一つしかない結婚指輪は他のどんな宝石にも変え難いです。